The Easter Bunny Song

Easter Bunny4月も半ばになり暖かくなってきましたね。欧米では、この時期の祭日といえばイースター。キリストの復活を祝う休日ですが、宗教に関わらず春の祭日として広く定着していて、3月ごろになると、アメリカなどではお店にイースターのシンボルであるうさぎや卵をかたどったお菓子などが並びます。

うさぎは多産、そして卵は命の始まりを象徴するものなので、イースターのシンボルなのだそう。そのほんわかしたうさちゃん(bunny)をロック風に歌った、遊び心ある一曲が完成しました。

実はこれ、もう何年も前から暖めていた曲で、やっとこ今年完成にこぎつけた、という感じなのです。タイトルは「The Easter Bunny Song」。作詞、作曲、歌、演奏、編曲…すべて1人でやってます(^^)。

良かったらダウンロードしてお聞きください。150円です。

それでは楽しい春を迎えてくださいね。Happy Spring!

iTune Store 

Amazon 

New CD

For those wondering what I’ve been up to this winter, I apologize for not keeping you up to date with my blog. Lack of information is not because I have been idle. Rather, I have been so busy, I didn’t have time to update this blog with new information.

What have I been so busy with, you ask? I have been composing and recording lots of new music for a new CD.

This new album will be more rock and blues oriented than the last CD, and will feature at least three new songs in Japanese. I am trying to complete as much as possible before I begin touring again in June. As things take shape, I’ll try and post some teasers to give you a taste of what’s to come.

Thanks everyone for your support!

北海道新聞

これまた何ヶ月も前の話ですが…2012年7月14日の北海道新聞、留萌宗谷版にCDの記事が載りました。アップするのがやたら遅くて、これでは「新聞」ではなくてすでに「古聞」か?(汗)


上の写真じゃあ字が小さくて読めないよ~、という方のためにPDFもご用意しました。:)

FMわっぴーに出演します

8月下旬、稚内にあるラジオ局、FMわっぴーから、「宗谷ほっとライン」という番組への出演依頼があり、インタビューを受けました~。番組のパーソナリティー坂下さんが中頓別まで来てくれて、町内の黄金湯という銭湯で収録。黄金湯のご主人も同じ日にインタビューを受けたので、同じ場所で収録することにしたのです。

質問の内容を事前にメールでもらっていたのに、これを見るのを忘れ、ぶっつけ本番で収録に望むことになってしまったので日本語の間違いがかなり多いけど…まあ良しととしよう…(汗)。放送は9月8日(土)朝7時から。残念ながら、中頓別ではFMわっぴーは入らないのですが、インターネットのライブストリームで聞けます。CDからの曲も流してくれるとのこと。CDの曲がラジオで流れるのはこれが初めてかな?

早起きでご興味のある方、下のサイトからお聞きくださ~い。
FMわっぴー

New CD Release! 新作CDリリース!

皆さん、こんにちは。

2011年の冬頃から、実に1年半にわたり、家でレコーディングなどCD作りのための実験、勉強、作業を重ねてきましたが、その集大成であるCDがついに完成しました。CDの名前は「The Road to Halleluiah(ハレルヤへの道)」。

このアルバムには楽器だけのもの、歌詞のあるもの含め10曲の自作曲が入っていて、多くは日本にくる前に書いたものです。私の人生において冬から春への移り変わりがあり、これらの曲は、その変化の道のりの中で感じたものを映し出しています。

発売初日はおこっぺで行うライブに合わせ6月23日ですが、おこっぺに限らず、ライブ活動はこれからどんどん行っていこうと思っています。

またこのCDは歌詞のあるものはすべて英語ですが、これから少しずつ歌の背景にある意味や自分なりの解釈などを、このホームページ上に載せていきたいと思っています。

CDを作りはじめてから本当に長い時間が経ちました。The Road to Halleluiahを皆様に気に入っていただけることを、またこれが今後のCD製作につながることを願っています。

ボーセン ジェレッド

<英文>
Hi everyone,

Beginning in the winter of 2010/2011 I began what would be a year and a half-long process of study, experimentation and work in the art of digital home music recording and music production. It’s my pleasure to say that the fruits of that labor have now come to harvest in my new CD entitled, The Road to Halleluiah.

The Road to Halleluiah is collection of ten original works, a mixture of songs and instrumentals, that were predominantly written prior to moving to Japan. They songs were written during a transitional period from winter to a new season of spring in my life, and reflect the emotions encountered along the road of that journey.

The official release for this album is tomorrow, the 23rd of June, at the Okoppe Summer Live show in Okoppe. But many more shows will follow, so stay tuned for updates. We will also be working on a method for filling online orders, but this will take some time (domestic orders only).

To compliment the album, and its all-English lyrics, we will be making special blog every so often featuring full Japanese translations, as well as my own personal interpretation of each of the works.

We know it’s been a long wait, and we really appreciate your patience. With your continued support we hope The Road to Hallehluiah will be followed by many more albums to come. Thank you very much!

Jared Boasen